最初から最後まで…

私達の会社には営業担当・現場監督という役職があえていません。
それはお客様の家を本当に大切に想う大工がいるからです。すなわち大工(棟梁)がお客様とプランニングをし、毎日現場で働く大工が現場を管理し、協力会社と共にお客様の大切な家を造るのです。
どの建築現場でも「一番長く現場にいる人間、その家の構造を一番理解している人間、その他全ての職方と仕事をする人間」それが大工なのです。
いわばその家の守り神、それが大工です。営業➝設計➝現場監督➝大工(その他職方)では伝言ゲームと一緒で、実際のお客様の理想・こだわりが現場に伝わらないと思います。
実際に皆様にも、家造りでは無くても「ちゃんと○○と言ったのに違う」というという残念な体験をした事が一度はあると思います。
それに「言われるままにしていたら自分たちの想いと違った物になってしまった」「打ち合わせと違う材料で仕上げられた」という話を大工仕事をしているとよく聞くことがあります。
そんな想いを少しでも無くすためにお客様の大切な家を最初から最後まで大工が造りたいのです!!その会社体制が、無駄な人件費の削減、その分理想・こだわりを実現する事が出来る、いい家造りが出来るに繋がっていくのだと思います。


大工の仕事

皆さんは大工と言えばどのような仕事だと思いますか?家を建てる人、なんか気難しそうな職人さん、人それぞれだと思います。
最近の建築情勢は大手ハウスメーカーの参入や、CM、広告など大量の販促費を費やし仕事を取ってくる業者さん、沢山の情報網で溢れています。そんな中「家が欲しいのだけれど、一体どこに頼めばいいの?」というお客様が多いと思います。
その中でビルダー(業者)を決めるきっかけは値段ですか?デザインですか?家の性能ですか?
私達はお客様の家を一生懸命に建てる大工で決めて欲しいのです。それは、お客様の家を建てる人間は大工だからです。
すなわちその家の運命を左右します。仕事を取ってくる人間は現場では家造りをしません、毎日現場で家を造っているのは大工なのです。
どんなに素晴らしい営業マンがきてどんなに素晴らしい設計でも、その家を建てる大工の顔を見て決めましたか?
いい大工に当たるか当たらないかは家が出来てからのお楽しみですか?出来上がってしばらくして欠陥に気付いては、一生に一度の家が台無しですね。
時代の流れで大工が家を建てているという観点が、世間から消えているように感じます。
時代は常に変わりますが、家を造るのは大工ということは変わりません。
建てた後は私達が大工生命を終えるまで責任をもって守っていきます。
そこまでする事が『大工の仕事』なのです。
お客様がこの人になら任せても大丈夫という大工職人に仕事を頼む事が大切だと思います。

家造りへのこだわり

近年様々な建材がありますが、やはり天然素材を勧めています。
建築も進化をし、高気密・高断熱が当たり前になってきました。確かに冬は寒くなく、冷暖房の効きもよく経済的にも良いものです。さらにゼロエネルギー住宅(太陽光発電システムを取り入れ、光熱費をゼロにし、さらに余った電気を売電する)もこれからは主流になってきました。素晴らしい『進化』です。
その反面、空気の逃げ道がなくなり強制換気を付けなければならなかったり、湿度がこもり、結露が多いというデメリットもあります。これから子育て世代の方はハウスダストが子供に与える影響も心配ですよね。
かつては、クロスではなく土壁。フロアーではなく無垢板・畳。建材の建具ではなくフスマ・障子。
全ての素材が乾湿調整をしていました。高温多湿の日本の環境に合わせて、湿気が多くなれば水分を吸収し、乾燥すると内部の水分を水蒸気として空気中に放散します。また、無垢材が発する芳香成分の働きには、人間の自律神経を安定させる作用があると言われています。日本の家は先人からの知恵の結晶でした。
私達はこれを建築の『真価』だと思います。
だからこそ天然素材を使って欲しいのです。フローリングに無垢材を使い、壁も無垢板、珪藻土など天然素材で仕上げる事によってこの現代の家のデメリットも軽減することができます。
現代建築の『進化』と古き良き日本建築の『真価』を組み合わせ価値のある家造りをしていきたいです。


お客様のこだわり

家は一生に一度の買い物です。お客様のこだわりを私達にぶつけてください。例えば「大きなリビングが欲しい」「吹き抜けがあって明るく開放的な間取りがいい」「薪ストーブが欲しい」「自分だけの趣味の部屋が欲しい」などこだわりを聞かせてください。
家造り=夢創りだと私達は思っています。納得のいくまでのプランニング、大工だからこそ出来る使い勝手のよい間取りの提案をさせて頂きます。